関節炎

関節炎で最も多いのが膝や股間節に負荷が掛かることで発症する変形性関節症です。原因には加齢や肥満、スポーツなどで、関節の痛みや腫れを訴える方の大部分がこの変形性関節症と診断されているようです。

Top > 2009年6月

新着情報【2009年6月】

関節炎で最も多いのが膝や股間節に負荷が掛かることで発症する変形性関節症です。原因には加齢や肥満、スポーツなどで、関節の痛みや腫れを訴える方の大部分がこの変形性関節症と診断されているようです。

関節炎の症状には個人差がある事をあげましたが、痛みを感じる方の年代別を見てみると、老化が原因となって痛み出す場合が多いとされるようです。加齢によって関節に負担が掛かることで変形したり、骨粗鬆症によって骨がもろくなって、関節の組織の劣化から関節炎を患うことが多いとされます。

関節炎の原因で最も多いといわれているのが、加齢や肥満による関節部分の異常でしょう。年を取るとどうしても体の組織は劣化をし始め、しかも関節は体の部位でも頻繁に動かす所ですから磨耗しやすく、肥満も膝などの関節に掛ける負担は大きいようです。

関節炎が膿による化膿性関節炎であれば、関節部分に洗浄用のチューブを通し、洗浄した後に抗生物質を添加して炎症を押さえる治療が行われています。
カテゴリー
更新履歴
関節炎の種類(2009年6月22日)
関節炎の症状(2009年6月22日)
関節炎の原因(2009年6月22日)
関節炎の治療(2009年6月22日)