Top > 関節炎の原因

関節炎の原因

関節炎の原因には様々なものが考えられます。関節炎となるのは関節の結合組織の異常や不具合で、症状も痛みであったり、腫れやむくみ、関節の動かしにくさを感じる方もいて、個人差が見られるようです。
さて、関節炎の原因で最も多いといわれているのが、加齢や肥満による関節部分の異常でしょう。年を取るとどうしても体の組織は劣化をし始め、しかも関節は体の部位でも頻繁に動かす所ですから磨耗しやすく、肥満も膝などの関節に掛ける負担は大きいようです。
更に、骨粗鬆症にも関連があり、カルシウム不足は即ち、関節炎を招きやすいと言えます。そして、細菌感染による関節炎やウイルスに原因があるもの、リウマチによる免疫異常もあれば、先天的な理由による関節炎もあります。
関節炎は体の動かし過ぎで発症する事もあります。激しいスポーツを行う方やプロ選手などでは、関節炎に悩まさせれる場合が多く、関節炎の為に試合を断念したというようなニュースは良く聞かれますね。また、不慮の事故で大怪我を負ってしまい、関節にダメージを受けてしまうケースもあり、誰にでも起こりうる疾患です。
関節炎の原因を特定するのは早期回復に欠かせないことですから、関節に違和感があるなら、早い段階で医師の診察を受け、適切な治療を行うようにしましょう。

 

 カルバンクライン  エンジェルブルー  ピンクハウス
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
関節炎の種類(2009年6月22日)
関節炎の症状(2009年6月22日)
関節炎の原因(2009年6月22日)
関節炎の治療(2009年6月22日)